GPLタグの投稿

2009-12-14
晴れ

WordBench 関西セミナー&忘年会で講義

ゆりこ による 15:26:20 の投稿
カテゴリー: WordPressハック,イベント,更新履歴
タグ: , , , ,

昨日12月13日、WordBench 関西セミナー&忘年会として講義を行いました。わたしは「GPLとWordPress」という題目としました。これは10月4日に開催したWordBench川崎勉強会のセミナー内容を加筆訂正したもので、より分かりやすくなっています。10月時点では Mac 版 Office (PowerPoint) でしたが、今回は Keynote にインポートして修正しています。

GPL と WordPress
形式: PDF 780KB
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-非営利-継承 2.1 日本
スライド「GPLとWordPress」

スライド「GPLとWordPress」

2009-10-05
くもりのち雨

WordBench 資料「GPLとWordPress」「プラグインの作り方(管理パネル篇)」

ゆりこ による 19:36:37 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: , , , , ,

昨日開催された WordBench 川崎の勉強会で使用した資料を公開します。ミーティング資料の方は WordBench 川崎ブログをご覧ください。

「GPL と WordPress」
スライド: GPLとWordPress

スライド: GPLとWordPress

「WordPress プラグインの作り方 (管理パネル篇)」
形式: PDF (1.1MB)/PHP ソースコード (4KB)
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-非営利-継承 2.1 日本(スライド)/GPL v2 (ソースコード)
スライド: WordPressプラグインの作り方 (管理パネル篇)

スライド: WordPressプラグインの作り方 (管理パネル篇)

ソースコード: 管理パネルを実現するプラグインのサンプルPHPコード

ソースコード: 管理パネルを実現するプラグインのサンプルPHPコード

GPL への関心の高い方が多く、講義の途中でも質問が多数出ました。それだけ、疑問に思うことや懸念している事柄があるのでしょう。できるだけそれらを明確になるような解説や、問題を回避する手段を提案した内容としています。しかしながら、まだまだ不十分な点はあるでしょうから、そういうのがあれば、ご指摘頂けると、今後スライドを改善して公開したいと思います。

今回入れ忘れた話としては「GPL コードを実行するだけなら GPL に従う必要はない (複製・頒布・改造する場合に GPL を受け入れなければならない)」「GPL に違反したらどうなるか」ですね。前者ですが、サーバーやローカルマシンに最初から入っている GPL なソフトを使う場合の話です。自分で GPL なツールをダウンロードかつインストールする場合は必然的に複製しますから、GPL に従う必要があると言えます。後者は、そのプログラムの使用を中止するか、ソースコードを公開するかして、違反状態を解消しなければなりません。組込み機器の場合は、ハードウェアを回収する手も許されるのかな??

プラグインの作り方は、6月に開催した初級篇の続きとして「上級篇」にする予定でした。しかし、管理パネルの作り方だけで十分なボリュームとなったため、「管理パネル篇」となりました。今後のプラグイン関連勉強会では「デバッグ手法」などを予定しています。

[追記 2009-10-07] WordPress と GPL については、以下の記事も参考になるでしょう。

2009-04-24
雨

IPA が GPL v3 の解説書を公開

ゆりこ による 04:13:43 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア
タグ: , ,

4月23日、IPA が GPL v3 の解説書を公開しました (プレスリリース)。IPA オープンソフトウェア・センターのリーガル・タスクグループと、米国 SFLC (Software Freedom Law Center) の共同作業によるもので、各条文ごとに、文章の意図を説明しています。また、v2 との対比を取りつつ解説しているため、GPL v2 を理解する助けにもなるそうです。

わたしは GPL v2 についてはそれなりに理解しているつもりですが、v3 については「食わず嫌い」なところがありました。自作プラグインはすべて “GPL version 2″ のみの指定で、”or later” を外しています。できるだけ早くこの解説書を読破して、GPL v3 が適用できないか検討したいと思います。

また、この解説書をもとに、GPL の勉強会とかもしてみたいですね。オープンソースという言葉はよく知られていますが、その理念まではきちんと理解されていない気もしますし。GPL の場合、ソフトウェアの自由がポイントなんですよね。

[追記] GPL v3 は v2 と「両立しない」(==非互換) なんですね……。WordPress 自体は「GPL version 2 or later」なので、利用者が v2 と v3 の好きな方を選択すればいいですが、テーマやプラグインで v2 固定のものがあると、v3 固定のものと組み合わせて配布するときに、ややこしい問題が起きそうです。それぞれバラバラのプログラムとして「コンベイ」するならばいいんですが、1つのソフトウェア製品としてまとめるときは、ライセンスの互換性問題はとても悩ましいです。

2008-06-10
晴れ

Ktai Style のテーマ集サイト案

ゆりこ による 03:13:30 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: , ,

Ktai Style の普及のため、携帯テーマ集のサイトを作ることを考えています。Ktai Style には4テーマ附属していますが、default と compact はほぼ同じデザインのため、実質3デザインとなっています。さすがに Ktai Style に附属させるテーマをこれ以上増やすのは嫌なので、ウェブでテーマを入手できるようにしておけば、「こんな携帯サイトが作れるのかー」となって、Ktai Style がより普及するのではないかと思っています。

まだ携帯テーマを大きくカスタマイズさせている人は少ないようで、ましてテーマを配布している人はほとんどいません (Lovelog+* ver6k ぐらいしかない?)。これは附属携帯テーマがちょくちょく変更されることも理由かもしれません。(一応、古いテンプレートでも動作するよう配慮はしています)

現在開発中のバージョン 1.501.40 では、テンプレートのインデントをある程度自由に入れられるようになるため、その時点で、テーマ集サイトを立ち上げようかと思っています。WordPress Theme Viewer みたいに凝った作りは魅力的ですが、最初はどうせ数十テーマぐらいしか作れないでしょうから、スクリーンショットを並べるだけでいいでしょう。となると、Ktai Style 配布サイトで「テーマ集」のサブページを作るだけでよさそうです。

で、1つ気になっているのが、ライセンス回りです。WordPress および Ktai Style が GPL v2 のため、テーマも GPL であれば何も問題ありません。しかし、人によってはそれ以外のライセンスを適用したい場合があるでしょう。携帯テーマは Ktai Style から include されるだけなので、Ktai Style のライセンスを「GPL でないファイルの include を許す」という例外条項を追加すればよさそうです。バージョン 1.50 の正式リリースまでにはラインセス変更を検討しないといけませんね。

逆に、現状のライセンスでは、GPL 以外のテーマを使うと GPL 違反になる可能性があります。とはいえ、ライセンス違反を訴えるのは作者なので、わたしが目くじらを立てない限り問題にはなりません ;-)

[追記] とりあえず、Ktai Style 配布サイトで「Ktai Style テーマ集」ページを作り、新テーマを掲載しました。

2008-05-15
くもり

Six Apart が携帯対応モジュールと携帯絵文字を GPL 公開

ゆりこ による 13:49:06 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア
タグ: , , , ,

シックスアパートが、TypePad で使っていた携帯電話表示モジュール TypeCast を GPL で公開しました。また、携帯絵文字画像を GPL, CC-by-2.0 のデュアルライセンスで公開しました。

ついに、MT 用携帯表示モジュールが本家から登場ということは「MT4i 終了」ということになるんでしょうか……。もちろん MT4i は継続して開発・提供されるでしょうが、今後は MT4i よりも TypeCast が選ばれるでしょうから、MT4i は前途多難になりそうです。また、Ktai Style のライバルとして TypeCast がターゲットとなります。(追記: プレスリリースに「一般のユーザー様の利用には、同じくGPLライセンスで公開されている、MT4i の利用をお勧めします」という注意が追加されました。MT4i はまだまだ価値があるということですね)

個人的には、そちらよりも、携帯絵文字画像がフリーウェアとして公開されたことに興味があります。GPL, CC-by-2.0 というフリーなライセンスですよ!!。GPL を選択すれば、Ktai Style に組み込んでも問題ないじゃないですか!! 絵文字の数は250種類程度ということですが、さっそくダウンロードして組み込みを検討したいと思います。

Six Apart の絵文字サンプル画像

[追記] ダウンロードして絵文字を確認してみましたが、iモード絵文字しか揃ってなくて、EZweb、ソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイルでは抜けがいっぱいあります。自作絵文字も追加する必要はありそうで、組み込み方法はもうちょっと検討しなければなりませんね。

[さらに追記] とりあえず組み込んでみました。吹き出しアイコン、国旗、1時〜12時の時計アイコン (ソフトバンク用) は自作のものを継続利用しています。ドコモ以外で抜けが多いというのはなかなか厳しいものがあるので、ちょびちょびと自作して増やしてみますか。

2008-05-14
雨

Ktai Style 用独自絵文字制作開始

ゆりこ による 13:00:31 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
タグ: , ,

Ktai Style 用絵文字画像サンプル

昨日から、Ktai Style 用の携帯絵文字画像を作り始めました。Ktai Style や Ktai Entry で携帯絵文字を含む投稿をした場合、PC やスマートフォンからでも絵文字が見られるようにするためです。

各携帯キャリアも、画像を頒布しているのですが、「携帯サイト開発のため」という制約があったり「再配布不可」だったりして、Ktai Style に同梱することはできません。ユーザーのみなさんが自身で入手して使う分には問題ないわけですが、それはそれで手間がかかります。それならば、GPL で配布できる画像をスクラッチで作って Ktai Style に同梱した方がラクでしょう。

数が多いため、エイヤッで作ることになり、あまりセンスがいいものになっていませんが、なんとか見られるレベルになっているのではないでしょうか。各キャリアで共通のもの (数字・封筒・電話・乗り物など) は統合して同じ画像を使い回しします。星座は EZweb だけ動物を模した絵文字ですが、星座マークに正規化してしまうつもりです。◎とか■とかの記号は画像を作らない予定なので、作る数は500ぐらいで済むのではないかと予想しています。あ、笑顔は、いまのところ WordPress 同梱のスマイリー画像をパクっています。これは後で自作のものに差し替え予定です。

2008-03-24
晴れ

GPL でない WordPress プラグインを作れるか

ゆりこ による 23:39:20 の投稿
カテゴリー: ソフトウェア
タグ: , , ,

4月1日(!)に、とある WordPress プラグインをリリースしようと思っていますが、ライセンスを GPL ではないものにしようと考えました。しかし、なかなか難しいようです。

まず、WordPress 本体が GPL であることがネックです。GPL ソフトウェアに対するプラグインについては、FSF によると、データ構造を共有していれば両者が単一のプログラムを構成しているとみなせるため、GPL を適用すべきと解釈されるようです。

もしプログラムがプラグインと動的にリンクされており、お互いにファンクションコールを使ってデータ構造を共有している場合、それらは単一のプログラムを形成していると見なされますので、プラグインはメインプログラムの拡張部分として扱われなければなりません。すなわち、それらはGPLかGPLと矛盾しないフリーソフトウェアライセンスの下で公開されなければならないということです。

WordPress の場合、add_action(), add_filter() でフックを追加する場合は独立性が保てそうですが、$wpdb をグローバル宣言してデータベースアクセスを行う場合は、GPL の制約にひっかかりそうです。

難しいのが、the_content() のような場合でしょうか。実行結果は直接画面に行なわれるため、データ構造は共有していません。しかし、WordPress ループを使っているならば、暗黙的に $post がグローバル宣言されていて、共有しているとも言えます。

うーん。やっぱり GPL にするのがラクかなーー。非 GPL にするには、よほど慎重な作り方が必要なようです。

FSF の FAQ には、非 GPL なソフトウェアに対する GPL プラグインの例もあります。この場合、素の GPL ではライセンス違反になってしまうため、例外条項を付与する必要があると記されています。MT4i のような場合が該当すると思いますが、MT4i って、そういう例外条項がなかったような……。