レンズタグの投稿

2011-08-07
晴れ

AF-S DX NIKKOR 18-105mm のマウント修理完了

ゆりこ による 2011-08-24 01:37:00 の投稿
カテゴリー: カメラ,更新履歴
タグ: , , ,
DX NIKKOR 18-105mm のマウント部分を大きく見る

マウント部分がきれいに修理された

先日の WordPress 3.2 リリースパーティー in Tokyo で 壊してしまった AF-S DX NIKKOR 18-105mm ですが、修理が完了して配達されました。残念ながら見積り金額そのままで1万8585円かかってしまいました。マウント自体の部品代は480円なのですが、工賃が10,200円、VR 機構 (3-4 群部品) が7,270円という金額です……。

ともあれ、すこぶる快調な状態に復帰しましたので、どんどん撮影にはげみたいと思います。

2011-07-31
くもり

AF-S DX NIKKOR 18-105mm のマウント破損

ゆりこ による 23:59:32 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , ,
Fマウントの破損品と正常品の比較写真を大きく見る

Fマウントの破損品(左)と正常品(右)の比較

昨日の WordPress 3.2 リリースパーティーでは、D90FM3A を持参してバシバシ撮影しようと思っていたのですが、裏方仕事が多すぎてほとんど撮影できませんでした。結局 D90 だけの撮影となったのですが、思いの他酔っぱらいまして、カメラを何回か落としてしまいました。その結果、キットレンズの AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G のマウントが破損してしまい、装着できない状態となってしまいました。

交換レンズは3本持って来ていたので交換してもよかったのですが、「もういいや」ということで、この日は撮影終了としました;-)

さっそく翌日にニコン新宿サービスセンターに持参して修理を依頼しました。ショックを与えての破損ということで保証は効かず、工賃1万円と部品代7500円ほどかかる、という見積りでした。その場での修理はできず、完了しだい宅配便での送付を依頼しました。8月8日ごろ到着ということです。

修理費は2万円ぐらいを想定していたので、ほぼ同じ値段で安心しました。3万円を越えたら中古の 18-105mm が3.5万円くらいなのでそっちにするか、思い切って AF-S DX NIKKOR 16-85mm を入手するか、という選択になっていました。

コストダウンのためか、マウントがプラスチックになっていますが、これが故障の原因の1つですよね。金属マウントだったら壊れないと思います。いや、カメラ側のマウントが痛んでカメラがダメになる可能性もありますか……。ニコンのレンズは「落下時にマウントが壊れてレンズ本体が壊れないようになっている」という噂があるんですが、それを実証してしまったかのような破損ですね;-)

2011-02-27
晴れ

Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D を入手

ゆりこ による 2011-04-14 21:10:32 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , ,
F80Sに Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D を装着した様子を大きく見る

F80Sに Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D を装着

きょう、5本目の交換レンズとなる「Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D」を入手しました。今度は単焦点で、標準レンズ 50mm しかも大口径 F 1.4 です。新型の G タイプは少し高いこととフィルター径が 58mm で手持ちフィルターの使い回しができないので旧型の D レンズとしました。

D レンズの 50mm は F1.4D と F1.8D の2種類があって、F1.8D の方は価格が安いのに解像度が F1.4D より高いという評判です。F1.8D なら新品でも2万円弱なのですが、中古屋で F1.4D の良品が2万円弱であったので入手したという次第です。F1.4D は前玉が大きく、いかにも「レンズ」という風体なのが魅力的です。思わず目が吸い込まれそうです。

豚丼を Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D で撮影した画像を大きく見る

豚丼を Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D で撮影

D90 (DX フォーマットのデジカメ) に装着して撮影した作例です。これは絞りを F 2.8 程度に絞っていますが、豚丼に盛られているネギはピントが合っていますが丼はきれいにボケています。良く見ると少し2線ボケっぽい気もしますが気にならないレベルですね。今度はフィルムカメラに装着してバシバシ撮ってみます。

2010-12-18
晴れ

鶴見線の猫と夕焼け

ゆりこ による 2010-12-21 02:16:46 の投稿
カテゴリー: カメラ,鉄道
タグ: , , , , , ,

9日に入手した NIKKOR 28-300mm の試写および鶴見線・南武支線80周年記念パスの実乗を兼ねて、鶴見線を乗ってきました。鶴見線・南武支線は京浜工業地帯を走る通勤路線および貨物路線です。旅客列車は朝夕に集中していて昼間は少ないこと、また、貨物列車も頻繁に走ることが特徴です。

昼すぎまで寝ていて出遅れ気味でしたが、浜川崎駅や浅野駅の乗り継ぎが悪いことにめげずに乗ったところ、運よく海芝浦で素晴しい夕焼けに出会うことができました。作例は鶴見つばさ橋東京電力東扇島火力発電所の煙突です。浅野駅での待ち時間には猫撮りも試してみました。

※作例はレベル調整などフォトレタッチを行なっています。

浅野駅ホームに居着く黒猫の写真を見る

浅野駅ホームに居着く猫のうちの1匹

首都高湾岸線の鶴見つばさ橋の写真を大きく見る

首都高湾岸線の鶴見つばさ橋は美しい斜張橋

東京電力東扇島火力発電所の煙突写真を大きく見る

東京電力東扇島火力発電所の煙突は鉄骨で支えられている

2010-12-09
晴れ

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR を入手

ゆりこ による 2010-12-21 00:01:22 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , ,
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR の写真を大きく見る

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR は高倍率ズームでコンパクト

きょう、ニコンの高倍率ズームレンズ「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR」を入手しました。マップカメラで 92,800円でした。

5日に USJ に行ってクリスマスイベントを鑑賞したのですが、D90 キットレンズの 18-105mm では遠くて、出演者や天使が小さくしか写せませんでした。望遠レンズの必要性を感じましたが、VR70-300mm ではステージ全体を写すことができません。うーんと思っていると、今年9月に 28-300mm の高倍率ズームレンズがニコンから発売されていることに気がつきました。ネットでの評判もよく、高倍率ズームとは思えない画質だそうです。

そして、止めは11月19日に始まったキャッシュバックキャンペーンです!! 28-300mm なら5,000円戻ってきます。箱の切り取りや郵送などの手間がかかりますが、4500円ほど戻ってくるのはお得です。「フードがカタカタして外れやすい」という意見もありますが、この個体は「カタカタする」ものの、そんなに外れやすいとは思えませんでした。他のレンズに比べると外れやすい気もしますが、問題と思えるレベルではありません。

次回の USJ ゆきは12月29日か30日の夕方にターゲットを定め、それまでに入手できる日ということで今日になりました。週末の方が値引きが見込めますが仕方ありません。11日〜12日の九州ゆきにも使えるので、どんな画が撮れるか楽しみです。

2010-10-11
晴れ

20mm単焦点レンズを入手

ゆりこ による 23:59:54 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , , ,
AF Nikkor 20mm f/2.8D の写真を大きく見る

AF Nikkor 20mm f/2.8D と革ケース

昨日、カメラのキタムラで中古の広角単焦点レンズ「Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D」を入手しました。D レンズで古い形式ですが現行品です。20mm は超広角レンズですが、D90 は APS-C フォーマットなので 35mm フィルムの焦点距離に換算すると30mmとなり、ふつーの広角レンズの画角になります。

先月初めに 35mm 単焦点レンズを入手しましたが、実際に街中スナップをしてみると「画角が狭い」と感じるようになりました。AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G のコンパクトさや明るさは素晴しく、写りも感動しますが、街中スナップをするにはちょっと物足りません。D90 のキットレンズである 18-105mm で広角側を使う手は、旅行とかではいいですが毎日持つのはちょっと大変です。コンパクトな広角単焦点が欲しくなるわけです。

ということで、20mm か 24mm をターゲットにしましたが、f値2.8 のものは D レンズが現行品です。新品は微妙に割高なので中古を狙い、新宿西口マップカメラ、中野フジヤカメラ、新宿西口カメラのキタムラを渡り歩くと、キタムラに 20mm と 24mm の両方がありました。両方試させてもらうと、20mm の方がフィーリングに合ったのでお買い上げとしました。またもクレジットカードの魔法 (ボーナス一括) を使ってしまいました;-) 元箱はありませんでしたが、革ケースが付属していました。今どきのレンズはソフトケースになってしまいましたが、昔のレンズはこういう革ケースに入っていましたよね。

試写を兼ねて11日開催の「第48回J2関東」に持って行きました。少しピントが甘い気がしますがウェブ向けに縮小すれば気になりません。色のりが非常にこってりしていますね。逆光にはまあまあ強く、夕日を正面から写しても光芒が綺麗に入りますし、ゴーストは出ますがフレアは少な目だと思います (ゴミ捨て場の画でごめんなさい)。

朝の二子橋の写真を大きく見る

朝の二子橋

多摩川河原の写真を大きく見る

多摩川河原の青空

夕方の多摩川河原ゴミ捨て場の写真を大きく見る

夕方の多摩川河原ゴミ捨て場。夕日の光芒が美しい

夕方の多摩川河原雑金属捨て場の写真を大きく見る

夕方の多摩川河原雑金属捨て場。フレアとゴーストはまあまあ出る

2010-09-02
晴れ

単焦点35mmレンズを入手

ゆりこ による 01:55:47 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , , ,
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gと箱の写真を大きく見る

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G と箱

まだ D90 を入手したばっかりですが、さっそく交換レンズを入手してしまいました (クレジットカードの魔力が……)。キットレンズの AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR はさほど重くはない (約420g) なのですが、もっと手軽に持ち運びたいと考えて単焦点レンズを検討し、デジカメ Watch の記事を見たりして、ニコン純正の AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G をターゲットにしました。

これまたビックカメラのラゾーナ川崎店で安く売っていた (25,000円以下) んですが今日は「在庫なし」ということで見送りました。JR の線路を跨いでヨドバシカメラのルフロン川崎店は約3万円という「ライバル店と価格勝負しない」状態です。でも、ビックカメラの値段を切り出すと、あっさりその値段になりました。

ミューザ川崎と川崎駅西口バスターミナルの写真を大きく見る

ミューザ川崎と川崎駅西口バスターミナル

さっそくミューザ川崎を撮影しましたが、ISO 感度を設定することを忘れてて、シャッタースピードを確保できず、手ブレ気味になってしまいました。ISO800 ぐらいまで上げればもっとシャープになったかも。

登戸に戻ってからは、踏切から小田急の電車を撮影してみました。今度は ISO を3200ぐらいまで上げましたが、それでもシャッタスピードは1/100程度しか取れません。うまく撮れたものがなかったので作例は出しません;-) 夜の鉄道撮影はもっと研究が必要のようです……。

[追記 2011-01-04] 英語ブログの投稿を見る

2010-08-29
晴れ

ニコン D90 を入手

ゆりこ による 2010-08-30 04:05:20 の投稿
カテゴリー: カメラ,日常生活
タグ: , , , ,
ニコン D90 18-105mm レンズキット

ニコン D90 18-105mm レンズキット

ついにデジタル一眼レフを入手しました。それも後継機がそろそろ出ると噂されているニコン D90 です。ビックカメラ川崎ラゾーナ店で AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR のレンズキットが約9万円+ポイント18% (カード払いのため20%→18%に減った) という価格でした。交渉すると販促品のカメラバッグが付いてきました。ポイント5%を延長保証に当てて、SD カードやら保護フィルターやらを追加するとポイントはあまり残りませんでした。

だいぶ前からデジタル一眼レフが欲しくなっていたのですが、わたしの鉄道旅行のスタイルでは使いにくいと思って敬遠していました。たいてい乗り換え時間がタイトですし、旅行リアルタイムレポートもやる都合上、写真撮影に時間を割けられないため、コンパクトカメラでないと厳しいと考えていました。

しかし、9月に上海旅行を控えて、高性能なカメラが欲しくなってきました。D90 の後継機や D3100 は間に合わないので、安くなった D90 にしました。川崎駅周辺は新宿や池袋よりもちょっと安い (ポイントが多め) のがミソですね。買い替えキャンペーンの3000円引きがあったのですが、1週間以内に持参すれば割引可能ということで、とりあえずは未適用価格となりました。水曜日ぐらいに CAMEDIA C-900ZOOM あたりを持参する予定です。

撮影テストとして、近所の日本民家園に行きました。以下に作例を載せてみます (クリックすると元画像)。今回は、フルオート・発光禁止オートとPモード (ホワイトバランスだけ変更) しか使っていません。D90 は、重量感・シャッター音・操作感覚などが「写真を撮っている雰囲気」を醸し出してて気持ちいいですね。

右手に佐々木家住宅・左手に江向家住宅を望む写真を大きく見る

右手に佐々木家住宅・左手に江向家住宅を望む

野原家住宅の囲炉裏を大きく見る

野原家住宅の囲炉裏。火の色がきちんと出ている

野原家住宅の囲炉裏にかかっている横木と鍋を大きく見る

野原家住宅の囲炉裏にかかっている横木と鍋 (元画像は横向き)

[追記 2011-01-04] 英語ブログの投稿を見る