モノクロタグの投稿

2011-02-13
晴れ

モノクロ自家現像はじめました

ゆりこ による 23:28:29 の投稿
カテゴリー: カメラ
タグ: , , , , ,
フィルム自家現像の道具その1を大きく見る
フィルム自家現像の道具その2を大きく見る

先週の OSC 香川ゆきでモノクロフィルム撮影を試しましたが、ついにモノクロ自家現像も始めました。モノクロの撮影はとても面白く、カラーにはない写真表現が可能です。しかし、最近ではモノクロフィルムを DPE に出すと仕上りにとても時間がかかります。ヨドバシカメラでも中3日かかる (土日出し→木曜受け取り) ため、待ち切れません。

それを解決するには、カラー現像 (C-41 処理) のモノクロフィルム (イルフォード XP2 SUPER やコダック BW400CN) を使う手もありますが、フィルムカメラ趣味の王道である自家現像にチャレンジすることにしました。富士フイルムの「ダークレス」という簡易現像キットもありますが、これは「36枚撮りフィルムでは使えない」「ハンドルを回転させるのは結構疲れる」「現像ムラが起きやすい」という欠点があります。初期投資はかかりますがタンク現像の方が確実かつ楽なようです。

ということで、土曜日にヨドバシカメラや100円ショップに出向いて道具と薬剤を買い揃えました。ヨドバシカメラはもともとカメラ用品の卸売業者だったこともあって、たいていの支店でも暗室用品を揃えています。川崎ルフロン店にも置いてあります。購入したものは以下の通り。(金額を合計すると15K円越えるのは気のせい ;-)

フィルム用現像剤 ID-11
イルフォード製粉末現像剤 1L 用 384円
停止液 ILFOSTOP
イルフォード製液体停止液 10L 用 (500mL) 544円
定着剤 RAPID FIXER
イルフォード製液体定着剤 5L 用 (1L) 992円
水洗促進剤 富士QW
富士フイルム製水洗促進剤 2L用粉末 60円
水切り剤ドライウェル
富士フイルム製 2L用 (200mL) 260円
ステンレス現像タンク L40211
LPL 製 120mm 用 (35mmリール2本可) 3,650円
現像タンクリール L411A
LPL 製 35mm 用リール 2個 2,260円x2
フィルムピッカー
DNP フォトルシオ製 1110円
プラスチックシリンダー L11753
LPL 製 650mL用 1,512円
手付きビーカー 2L
ライオン印 690円
料理用メスカップ 500mL
100円ショップ Seria で購入 105円x3
液温計 30cm 100℃
ライオン印 367円
マドラー
100円ショップダイソーで購入 2本入り 105円
ポリビン 1.3L
ライオン印 180円
ポリビン 0.6L
ライオン印 180円
キッチンタイマー
100円ショップダイソーで購入 105円
キングフォトスポンジW
浅沼商会製 580円
フィルムクリップ L6062
LPL 製 2個入りを2パック 670円x2
角ざるトレー
100円ショップ Seria で購入 105円
角ざるブルー
100円ショップ Seria で購入 105円
じょうご
100円ショップダイソーで購入 105円

停止液に酢酸を使うと「臭う」らしいので、臭わないという評判の ILFORD の停止液 ILFOSTOP を選択しました。よって現像液や定着液も ILFORD で揃えました。当然、黒白フィルムも ILFORD にします;-) 水洗促進剤は ILFORD のやつは高いので富士 QW にしました。うちの家は浴室に窓がなく、脱衣場の扉を閉めて床の隙間を塞げば完全暗室になるためダークバッグは買っていません。

メスカップは100円ショップで購入したものにラベルを貼りました。ILFORD の停止液は黄色ですが、現像液と定着液はほぼ透明なので逆に入れてしまう可能性があって、それをやってしまうと「何も写っていない」状態になるので危険です。

あと、マップカメラ2号店でコダック Super GOLD 業務用のバラ売りを180円で入手して現像リールへのフィルム巻き付け練習用としました。

現像の手順などはウェブ検索するといろいろ見つかります。今回は ID-11 を原液のまま使用 (使用後ビンに戻してあと9回使える)、停止液は使い捨て、定着液は使った分だけ別ビンに貯蔵 (あと23回使える) としました。

現像液は土曜日のうちに作っておきましたが、なかなか溶けずに思いっきり攪拌したら少し液が飛び散りました。洗面所で作ったのでよかったですが、台所で作ったらえらいことでした……。

明室でリールへのフィルム巻き付けを練習してコツが掴めたので、暗室でのリール巻き付けは楽にできました。失敗したのは、停止液の排出が不足していて定着液を入れたらタンクから溢れてしまった (定着液を全部入れられなかった) こと、水洗促進時にフィルムをリールから外してしまったのでフィルムがくっついてしまい、マドラーでフィルムを離したら少しキズがついたことでした。

現像完了したフィルムを大きく見る

現像完了したフィルムをファイリング

現像はほぼ問題なく完了しました。複合機でスキャンしてホワイトバランス調整→白黒反転すると「それっぽく」見えます。これならプリンタで印刷すればよく、DPE でプリント依頼は省略できそうです。ただし、ゴミは結構目立つので処理が必要ですね。

登戸の風景モノクロ写真を大きく見る
2011-02-11
雪

横浜ストリーム x 上野研究室で WordPress ワークショップ

ゆりこ による 2011-02-13 21:43:50 の投稿
カテゴリー: WordPressハック,イベント
タグ: , , , ,
東京都市大学横浜キャンパスを大きく見る

会場は東京都市大学横浜キャンパス

今日、横浜ストリーム東京都市大学上野研究室の合同で開催されている「アドバンスト講座」の一環として WordPress ワークショップにおいて、講師を担当させて頂きました。以下にスライド資料を公開しておきます。

「BuddyPress サイト構築」
形式: PDF 2.0MB
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-継承 2.1 日本
スライドPDF「BuddyPressサイト構築」

講師を依頼されたときは、てっきり上野研究室が単独で主催するものだと思っていたのですが、直前になって地元の NPO である横浜ストリームが絡んでいることが判明しました。それに関していろいろモメたのですが、なんとか開催に漕ぎ付けました。

ワークショップなので、参加者がノートPCを持参するか、会場に備えつけのPCに WordPress ローカル環境を構築して、そこで実際にサイト制作しました。座学だとどんどん説明を進められますが、今回は受講者の進捗に合わせて進めなければなりませんから、時間配分に苦労しました。結局、後半2つの「BuddyPress サイト構築」と「Twitter 連携」は多少端折ることになりました;-) 消化不良だった人はスライド資料を見て復習しておいてください。

WordBench コミュニティーが主催する勉強会でもたまにワークショップ形式を取り入れることがありますが、参加者の理解度が人によって異なるので、先に進めるのがなかなか大変です。今回は上野研究室の学生さんや、自分の出番ではない講師がヘルプとして受講者に付くという形でサポートできました。

会場の写真は黒白フィルムでしか撮影していません。現像&プリントが仕上り次第追加いたします。

[追記 2月16日] 現像とプリントが仕上りましたので画像を追加しました。

講義中のおでさんを大きく見る

おでさんの講義

WordPress コミュニティーからの参加者を大きく見る

WordPress コミュニティーからも参加者多数

2011-02-05
晴れ

オープンソースカンファレンス 2011 Kagawa に出展

WordPress/WordBenchブースのモノクロ写真を大きく見る

本日、オープンソースカンファレンス 2010 Kagawa (OSC 香川) に WordBench 香川・高知として出展しました。今回は WordBench 香川の主宰者と協力して、申し込みなどは香川の地元で行なってもらいました。セミナーはわたしが担当しました。スライドは以下の通りです。

「WordPress 3.1 とそのコミュニティーの魅力」
形式: PDF 4.5MB
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-継承 2.1 日本
スライドPDF「WordPress 3.1 とそのコミュニティーの魅力」

今回はフィルムカメラ F80S に黒白フィルム「ネオパン400プレスト」を詰めて撮影しました。もちろんデジタル一眼レフ D90 も持参しましたが、ブース写真を D90 で撮り忘れていました……。なのでモノクロ写真での紹介です。

昼食は今まで行きそびれていた「竹清」にチャレンジし、念願の「半熟卵天麩羅」を食べることができました!! とろとろの卵と熱々の衣がばっちりです。うどんはつるつるで、あっさりしたいりこ出汁とも相性も見事です。

竹清の卵天を大きく見る

竹清の卵天は半熟卵

竹清の天麩羅揚げ場のモノクロ写真を大きく見る

竹清は天麩羅揚げ場が店頭にある



ドラ担当であるイカ娘親子を大きく見る

ドラ担当はイカ娘親子

[6月29日追記]ライトニングトークは今回は申し込みせず、ドラ娘さん親子と登壇者の撮影に専念しました。ライトニングトークねたはいろいろ持っていますが、同じネタの使い回しなのでもうよかろうという判断です……。ドラ担当が「イカ娘」というのはありがちなネタと思いきや、まさかの親子コスでした。会場は大いに沸き、子供さんのお転婆さに笑いが絶えませんでした。[/追記ここまで]

懇親会は川福マリタイムプラザ店でうどんすきでした。さすが川福と言える霜降り肉に舌鼓を打ちました。シメのうどんは、見た目もつるつるで美しく、思わずそのまま食べたくなって店員さんに生醤油を出してもらってぶっかけうどんにしました。もちろん鍋にも投入して頂きました。

牛うどんすきの材料を大きく見る

川福の牛うどんすき

川福のうどんを大きく見る

川福のうどん


翌日は栗林公園屋島観光としました。栗林公園は日本三大庭園に入っていませんが、これらを凌ぐ広さと美しさを持っています。栗林公園では写真を撮りまくり、36枚撮りリバーサルフィルムを3本使いました。屋島はケーブルカーが廃止されてしまいましたが、屋島ドライブウェイを通るシャトルバスが100円で乗れて便利です。しかし、屋島は観光地として斜陽化がすさまじく、旅館や土産屋の廃館が多数ありました。屋島寺と屋島水族館で盛り上げてもらいたいものです。時間の都合で夜景を見られませんでしたが、次回は屋島の夜景を見たいものです。

栗林公園の飛来峰からの眺めを大きく見る

栗林公園の飛来峰からの眺め

屋島の展望台から瓦投げした写真を大きく見る

屋島の展望台から瓦投げにチャレンジ