WordBeachタグの投稿

2011-08-29
晴れ

海辺で WordPress イベント WordBeach Nagoya を開催

WordBeach in Nagoya, August 27th, 2011

8月27日〜28日、愛知県知多市の新舞子まなビレッジ南浜荘で WordPress イベント「WordBeach Nagoya」を開催しました。WordPress ユーザーと開発者が集う世界的イベント「WordCamp」に匹敵するイベントですが、今回は正式な WordCamp イベントではなく、日本ローカルの独自イベントという位置付けです。

知多市新舞子という名古屋駅から30分ほどかかる場所にありながら、167人171人の参加者 (スタッフ含む) に来場して頂きました。初心者トラック、中上級者トラック、超初心者向けワークショップの3トラックを開催し、Usteam による放送は、セミナー2チャンネルと特設スタジオによる放送で計3チャンネルを実施しました。

わたしの担当は、超初心者向けワークショップと、17時からは中上級者向けセッションで45分登壇しました。ワークショップでは手持ちの MacBook に Boot Camp で Windows 7 を入れて WebMatrix 環境を設定してありました。また、会場の無線 LAN 環境 (wordbeach1, wordbeach2) の設定も行いました。手持ちの Time Capsule と Planex の無線ルーターに、光ポータブルや EMOBILE のUSB端末やを繋いだという簡易的な仕掛けですが……。

懇親会のあと、日本の WordCamp クラスのイベントとしては初の試みとなる「PillowFight」(合宿) を実施しました。今回の WordBeach は、まさにこの合宿を行うために南浜荘という会場を選んだのです。1F の大部屋では布団を敷いてのピロートークや枕投げに興じ、2F ロビーでは徹夜の Ustream 放送を行い、3F の302号室では夜通しのコード書きが行なわれていました。

夜が空けてからは撤収作業を行い、海辺で水遊びをしてから解散となりました。お疲れさまでした〜〜。

最後に、わたしが担当したセミナー「セキュアな WordPress プラグインの作り方」のスライドおよび、WebMatrix の設定マニュアル (ワークショップ用PCを提供したスタッフ向け) を公開しておきます。

セキュアな WordPress プラグインの作り方
形式: PDF 484KB
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-継承 2.1 日本
スライドPDF「セキュアなWordPressプラグインの作り方」
※27ページの入力値の検証でesc_url_raw()を使うよう修正しました。
WebMatrix で作る WordPress ローカル環境
形式: PDF 2.1MB
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ・表示-継承 2.1 日本
スライドPDF「WebMatrix で作る WordPress ローカル環境」
関連リンク

なお、9月3日(土)に開催される OSSC 会津にて「WordPress の世界的イベント WordCamp ってどんなの?」というライトニングトークに登壇して WordBeach の様子を紹介します。興味ある方はぜひ会津にどうぞ;-)

_DSC0921 _DSC0936 _DSC0975 _DSC0980
_DSC1017 _DSC1059 _DSC1072 _DSC1070 _DSC1129 _DSC1120
_DSC1139
2011-07-23
晴れ

新舞子で WordBeach 打ち合わせ

ゆりこ による 2011-08-02 03:48:30 の投稿
カテゴリー: WordPressハック,イベント
タグ: , ,
WordBeach 会場である南浜荘 (宿泊棟) を大きく見る

WordBeach 会場である南浜荘。こちらは宿泊棟

リニア・鉄道館の次は新舞子での WordBeach Nagoya 打ち合わせです。いよいよ来月27日に迫った WordBeach の準備を会場現地で行おうという試みです。「現場百遍」と言いますが、スタッフの大半が現地を見ておくことは、とてもいいことです。夕方からは懇親会の料理試食会として懇親会も行い、なんと現地でのお泊まりもやってしまいました。(WordBeach にも宿泊コースがあるのです)

名鉄日長駅下り駅舎を大きく見る

名鉄日長駅は無人駅で30分に1本の普通のみ停車

会場である「新舞子まなビレッジ南浜荘」の最寄り駅は「日長」で、名古屋駅から名鉄で30〜45分もかかる不便な場所です。せめて準急が止まればいいのですが、非情にも30分間隔の普通列車しか止まりません。しかし、駅から研修設備への案内看板は充実していて、最初に踏切を渡らずに海と反対方向に行かない限り迷わないと思われます。

リニア・鉄道館で少し油を売り過ぎて、1時間ほど遅れてしまいました。予算についての調整が終わって、ノベルティ、イベント名称、およびスタッフの役割分担などを調整するところでした。イベント名称は、WordPress Foundation から「WordBeach (WordCamp Nagoya 2011)」という名称にケチがついたもので、WordCamp の名前をサブ名称として使ってはいけない、という指示でした。WordBeach だけにするか、WordCamp Nagoya だけにするかの2択となりましたが、スタッフの「Beach で何かイベントをしたい」という意図を明確にするために WordCamp という名前を捨て、WordBeach という名称に決定しました。スポンサー様への説明が必要となりますが、丁寧に説明して了解を得ることにしました。

今回のわたしの当日の役目は、小野さん主催の「デスマワークショップ」のチューターとしました。ワークショップでは、作業が詰まってしまった人のフォローが大事ですから、複数のチューターが欲しいところです。

懇親会の料理を大きく見る

WordBeach の懇親会と同じ料理を手配

宿泊での枕投げ練習を大きく見る

宿泊は大広間で枕投げも練習

18時過ぎ、打ち合わせをお開きとし、20人ほどで懇親会の試食会としました。今回は宿泊棟の食堂をそのまま使いましたが、本番では食堂が狭くて全員入れませんので、研修棟まで料理を運んでの宴会となります。今回は料理配膳のシミュレーションを省略しています。

懇親会の後は7人ほどで宿泊としました。風呂は男女別浴ですが、浴室が狭くて3,4人ぐらいしか同時に入れません。今回は他の宿泊者が少なかったため「1人ずつ入れる」貸し切り状態となりました;-) 風呂の利用時間は23時までで、24時には湯が抜かれてしまいます。WordBeach 本番で女性参加者が少ないため、女性の入浴が終われば、両方の風呂を男性向けに開放することも検討しています。

宿泊イべントの当初の名称は「WordREALCamp」でしたが、これも使用不可となり、「REALCamp」もしくは「PillowFight」が変更候補となりました。後者はつまり「枕投げ」です。ということで、実際に枕投げの練習も行いました。なお、南浜荘の規定で、障子を1マス破いてしまうと「500円」かかるそうです……。では1万円払えば20マス破ける、ということか……。さすがに今回は破きませんでしたが、WordBeach 参加者のみなさんにおかれましても破かないように注意をお願いします。