2007-02-11

WordPress 2.1 をお試し

yuriko による 01:51:25 の投稿
カテゴリー: WordPressハック
WordPress 2.1 ダッシュボード

なかなか ME 版2.1 が出てこないので、別途運用しているテスト用ウェブログを WordPress 2.1 本家版 + 2.1 日本語リソースにアップグレードしてみました (テスト用ウェブログはパスワード保護してあって非公開です)。日本語リソースの翻訳にはいくつか気にいらないところがありますが、いま poEdit を動かす環境が手元にないので、配付版そのままです;-)

なお、サーバーの MySQL は 5.0.x 系統ですが、インストール時に “SET NAMES utf8″ のクエリー発行するハックをしていなかったので、phpMyAdmin で見ると文字化けするという不便な状況でした。今回、この改善をするテストも兼ねています。

  1. ME 版 2.0.7 の状態で、管理→バックアップからデーターベースのバックアップを取る。
  2. バックアップされた sql ファイルを開き、DEFAULT CHASET=latin1 となっている部分すべてを DEFAULT CHARSET=utf8 に修正する。
  3. phpMyAdmin でウェブログのデーターベースを開き、既存テーブルをすべてリネームする (接頭辞を wp_ から old_ にする etc)。
  4. phpMyAdmin でさきほど修正した sql ファイルを読み込ませてインポートする。これで、正常な文字コードへの修正が完了。
  5. プラグインをすべて無効にする。
  6. WordPress 2.1 をダウンロードして展開する。
  7. wp-includes/wp-db.php を開き、65行目に以下のコードを挿入する ($this->select($dbname);の前)。
    mysql_query("SET NAMES utf8", $this->dbh);
  8. wp-includes フォルダーの中に languages フォルダーを作り、ja.mo ファイルを置く。
  9. 展開して修正を加えたファイルをサーバーに転送する (wp-content フォルダーは上書き転送しないこと!!)。ほぼすべてのファイルが更新されるはず。
  10. wpj-wizard.php は不要なので削除する。
  11. サーバー上の wp-config.php において、WP_LANG を修正する。
    define ('WPLANG', 'ja');
  12. あとは、wp-admin/upgrade.php を実行させれば OK (のはず)

ウチではほぼ上の手順で問題ありませんでした。本家版を使うのは初めてですが、だいぶ雰囲気が違いますね〜〜。やはりダッシュボードには文字化けがあるし……。

これで、プラグインのテスト環境として ME 版2.0.7 の他に 本家版2.1も揃いました。EUC-JP 版のテスト用ウェブログ (これは ME 2.0.7) も用意したので、これで十分でしょう……。

コメント・ピン通知

トラックバック・コメントはありません。

上に戻る

ごめんなさい。現在コメントフォームは閉じられています。

上に戻る