2007-05-17

2008年春、モバイルSuicaで新幹線に乗れる

JR東日本、JR東海、JR西日本は、2008年3月より IC 乗車券の機能をアップさせて、Suica/TOICA/ICOCA の相互利用を開始し、新幹線への乗車も可能とするようです (JR 西日本のリリースJR 東海のリリースJR 東日本のリリース (PDF))。

つい先日、モバイル Suica ではエクスプレス予約のきっぷを受け取れないという不便を味わったのですが、それが解消されるようです。なんと、「エクスプレス IC カード」と Suica 等 IC 乗車券の「2枚同時タッチ」による新幹線乗車 (PDF) ができたり、または、「モバイル Suica でエクスプレス予約」ができたりする (PDF) のです。

気になるのは、エクスプレス早特のように特急券と乗車券を同時に購入した場合でも、両端の「市内区間」を無駄なく使えるようになるのでしょうか? 現在のところ、「新横浜→新大阪」の特急券と「横浜市内→大阪市内」の乗車券をエクスプレス予約で購入し、菊名で Suica 乗車して新横浜で引き取った場合、菊名→新横浜の130円が「横浜市内」に組み込まれず徴収されてしまいます。もし、菊名で130円の磁気きっぷを購入して、新横浜駅の構内みどりの窓口で乗車券を別途購入した場合は、「菊名で横浜市内→大阪市内を購入した」と見做して130円を差し引かれます。つまり、エクスプス早特の場合は130円損するのです。これが解消されるならば、非常にすばらしいことです。

もっとすごいのが「IC カードの2枚重ねタッチ」でしょう。Suica/PASMO では散々「2枚同時利用はできません」と注意していますが、エクスプレス IC カードの登場によって、「IC 乗車券の2枚重ね利用は技術的に可能」ということを示してくれます。これならば、複数の IC 定期券を所持することも可能じゃないかと思ってしまいます。A駅→B駅、B駅→C駅の IC 定期券を所持し、B駅の乗り換え改札機で2枚の IC 定期券を同時タッチして通過するといったことも可能じゃないかと……。そして、「IC 定期券の2枚タッチ」が可能となれば、「回数券と IC 乗車券の併用」も可能としてもらいたいわけで、そうなってくれれば「パスネットを廃止しても構わない」と思います。でも、現状は、「IC 乗車券は他のきっぷと併用不可」なわけで、まだまだパスネットにはがんばってもらいたいところです。