2007-12-04
晴れ

モバイルSuica特急券は特定都区市内制度を非適用

yuriko による 11:33:10 の投稿
カテゴリー: 鉄道ネタ
タグ: ,

きのう、JR東日本がモバイルSuica特急券の詳細を発表しました (プレスリリースPDF) 。以下の点がポイントとなっています。

  • JR 東日本の新幹線 (山形・秋田新幹線を含む)の各駅相互間の運賃と料金がセットになっている。
  • 新幹線の乗車駅までと、降車駅からの在来線の運賃は別途必要 (東京都区内や仙台市内の制度が非適用)。
  • 列車変更は何回でも可能。
  • キャンセルは列車発車前ならいつでも300円

議論を醸し出すのは、特定都区内制度が非適用なところでしょう。新幹線の駅から遠い人は、モバイルSuica特急券の割引額よりも、追加すべき在来線運賃が高くなって、損をする可能性があります。特に、新宿以西など西関東に住む人はその傾向が顕著です。(西荻窪〜仙台は自由席で10080円、モバイルSuica特急券利用でも9700+380円で10080円)

また、大宮から新幹線に乗る場合、新幹線回数券だと乗車券部分が川口・戸田公園から有効なので、モバイルSuica特急券のおトク感は薄れますね。個人的には新幹線回数券のバラ売りを買うことになるでしょうか。