2007-12-24

パスネット来年3月14日でもって自動改札で使用不可

yuriko による 12:57:49 の投稿
カテゴリー: パスネット存続キャンペーン
タグ: , , , ,

12月21日、パスネットの販売は来年1月10日の終電を最後に販売終了し、3月14日の終電を最後に自動改札での使用を終了することが発表されました (プレスリリースPDF)。当サイトでは地味に「パスネット存続キャンペーン」を行い、鉄道事業者にも適宜意見具申を行なっていましたが、実りませんでした……。

正直言うと、パスネットでは可能なのに PASMO では不可能な使い方が存在するので、パスネットの廃止はサービスダウンになります。特に、磁気定期券や回数券を使っている人には不便になります。3社以上の乗り継ぎをしているなど、IC 定期券に切り替え不可能な場合があるのに、一方的にパスネットを廃止するのは横暴としか言いようがありません!!

しかし、問題と言えるのは「PASMO でのサービスダウン」ですから、IC 乗車券でもパスネットで可能だったサービス (2枚通しなど) を可能にすればいいのです。このためには、IC 乗車券の約款に書いてある「他の乗車券との併用不可」を改める必要があります。とはいえ、名古屋駅で PiTaPa と TOICA を2枚タッチして乗り継ぎできるなどの例があるので、事実上この条項は機能していないと言えます。つまり、IC 乗車券と回数券の2枚通し (回数券を入れたあと PASMO タッチ) などを可能にしていただきたいものです。

実は、小田急お客様センターに電話したのですが、そこでは「システムは JR 東日本が作っており、また、PASMO 協議会によって他社と足並みを揃える必要があるので、小田急だけ決まりを変えるわけにいかない」と言われてしまいました (ふざけている!!)。しかし、小田急として PASMO 協議会に改善要求を出すことはできると言っていただいたので、今後に期待するしかないでしょう。

今後は、「PASMO 改善キャンペーン」を開始して、IC 乗車券での2枚通しを可能にすべく運動を行なっていきます!!

とりあえず、パスネット発売終了となる1月10日は、3万円分ぐらいパスネットカードを買い占めますか ;-) 舞浜リゾートラインでは3月15日以降も使えるので ;-);-)

[追記] もっと不便になるのは、磁気定期券や回数券の区間外からパスネットで乗り、定期券や回数券で下車するときです。3月15日以降、PASMO/Suica で乗車することになりますが、下車駅では必ず有人改札機での精算が必要になるはずです。精算機を使おうと思っても使えません。なぜなら、定期券・回数券を精算機に入れても「入場記録なし」で跳ねられますし、PASMO/Suica を精算機に入れても「精算不要 (==自動改札を通れる)」で跳ねられるからです。つまり、磁気定期券や回数券で下車したい駅が係員不在 (無人駅等) では、下車できなくなってしまいます。この問題については、各社に問い合わせてみます。

[追記] 最終利用日が間違っていたため修正しました (3月15日→3月14日)。