2008-01-11
くもり

PASMO約款は他の乗車券との併用を禁じていない

yuriko による 17:05:50 の投稿
カテゴリー: パスネット存続キャンペーン
タグ: ,

パスネットの自動改札利用終了が発表されたときに PASMO 約款に目を通したのですが、よく見てみると、他の乗車券との併用は禁じられていないようです。今まで、Suica 約款ICOCA 約款はきちんと読んでいましたが、PASMO 約款は「ほぼ同じだろう」と思ってきちんと見ていなかったのです……。

Suica 約款
(制限事項等)
第23条
6  他の乗車券と併用して使用することはできません(ただし、Suica定期乗車券の券面表示区間内の駅を発駅又は着駅とする乗車券を併用する場合を除きます。)。
ICOCA 約款
(制限事項等)
第10条
5 自動清算機により精算する場合を除いて、他の乗車券と併用して使用することはできません。

しかし、PASMO 約款の第5条 (使用方法及び制限事項) には、そのような条文はありません。つまり、PASMO の場合、回数券や磁気定期券と併用は、論理的には可能なのです!! 現在、それができてないのは、単にシステムが構築されていないから、というわけです。

したがって、「回数券や磁気定期券と PASMO の併用を可能とせよ」と訴えることは、PASMO 約款をいじる必要がないため、実現の可能性は高いと言えます!! ということで、そろそろ「PASMO と回数券併用を認めよ運動」を始めることにしましょうか。

ちなみに、某氏向けの条文として、第26条に「同一駅で出場する場合」という条文があります。これは、PASMO では O型乗車が認められているということになりますね。ただし、自動改札は対応してないので有人改札で出場処理を行うことになりますが。

(同一駅で出場する場合)
第26条 旅客は、ICSFカードを使用して入場した後、任意の駅まで乗車し、出場せずに再び旅行開始駅まで乗車して出場する場合は、実際乗車区間の普通旅客運賃を支払い、当該ICSFカードの発駅情報の消去処理を受けなければならない。
2 旅客は、ICSFカードを使用して入場した後、乗車せずに同一駅で出場する場合は、当該入場駅の入場料金を支払い、当該ICSFカードの発駅情報の消去処理を受けなければならない。