2008-02-04
晴れ

横浜市がスマイルマナー向上員を導入

yuriko による 15:41:48 の投稿
カテゴリー: 鉄道ネタ
タグ: , ,

横浜市交通局が、3月30日より、スマイルマナー向上員を導入すべく、募集を行っています。

市営地下鉄では、ご利用いただくお客様への快適な乗車空間の提供を目指し、平成18年度より、お客様ご自身にマナーを考えていただくことに重点を置いたマナー全般の啓発のため、『スマイルマナー』を提唱しています。
また、平成19年11月以降、全国で唯一、全席優先席を導入している交通事業者として、お客様の意識調査をおこなった結果、賛否両論あることが明らかになりました。賛成・反対の意見が拮抗している実態を受け、モラルやマナー意識が低下している現代社会において、『人』と『人』の温かなコミュニケーションを活かした取組として『スマイルマナー向上員』を組織し、お客様への直接の働きかけによるマナーの啓発活動を実施し、全席優先席制度の理解浸透・定着を目指します。

でも、この導入自体、はっきり言って疑問です。募集案内にも書かれている通り「全席優先席には賛否両論ある」そうです。なのに、マナー向上員によって全席優先席の理解浸透を図るというのは、「反対意見の無視」に当たることになります。民間企業の路線ならともかく、公営交通で、市民の反対意見を無視するのというのは、いかがなものかと思います。民主主義の無視ですよ!!

また、「座席を譲る」というのは、わたしの考えでは偽善行為だと思うので、それを推奨するのは問題です。本当に素晴しい行為は「最初から席に座らない」もしくは「混んできたら自然と席を立つ」行為です。一度席に座っといて、後で特定の人に譲るのは偽善以外の何者でもありません。(バス等、立つことが好ましくない交通機関は仕方ないかも)

そして、「席を譲ってもらえる」のは、マジョリティーな弱者 (高齢者や妊婦等) に限られるという欠点があります。若いのに膝が弱いとか、目が不自由な人はめったに譲ってもらえません。マイノリティーが軽んじられるという点で、「席を譲る」行為には問題があります。

横浜市がマナー向上員を導入するならば、弱者中のマイノリティーをいかに拾えるか、がポイントになるでしょう。グリーンライン初乗りのとき、マナー向上員を見つけたら質問してみようかな?

コメント・ピン通知 »

トラックバック・コメントはありません。
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る