2008-10-16
晴れ

やっぱり相模鉄道は客をバカにしている

yuriko による 15:46:10 の投稿
カテゴリー: 鉄道ネタ
タグ: ,

先日の「鉄道事業者による乗客への恫喝」に、「海老名の駅員様」という名前で嫌がらせコメントがありました。「今のうちにブログで訂正し謝罪文を載せ相鉄本社と駅まで菓子折持って土下座してこい」というふざけた内容です。まさか本物の駅員ではないだろうと思いましたが、万が一そうであった場合はコトですから、念のために、問い合わせフォームで質問をしていました。送信は10月5日の未明4時です。

ところが、16日の今日になっても返事がありません。シフトが一巡するまで確認が取れないとはいえ、1サイクルが10日になっているとは思えませんし、あまり時間がかかるならば「中間報告」ぐらい欲しいところです。相模鉄道は、やっぱり客をバカにしていると思えます。明らかに社員の仕業ではないと分かるために、調査せず返事をサボっているのでしょうか。

で、お客様センターに電話をしてみると、「調べた限りでは該当する人はいなかった」という返事でした。調べていたんやったら、さっさと回答してください!! この結果は「喜ばしいこと」なんですから、返事を遅らせたり隠したりする必然性はなく、早く返答すればいいのに。

どうやら、まだ全員への調査ができていなかったようですが、こういう案件はスピードが大事なので (ログが消えたりするため)、2,3 日で調べて返事するべきです。遅くても1週間が期限です。質問文に回答期限を書かなかったわたしにも不手際があるでしょうが、客の立場で見ると「あまり待たせるのはよくない」と分かるわけで、10日以上放置していた相模鉄道は、顧客視点が欠落していると言えるでしょう。ふざけるのもいい加減にして欲しいところです。これは、社風自体を入れ替えないとダメかもしれません ;-) 他社に買収されてもいいですよ ;-)

相模鉄道は、JR 相模線を取られた悔しさをバネに経営してて、反骨精神があると思っていたんですが、実際にはそうではなく、ふんぞり返った殿様商売になっていますね。タグも、揶揄社名として「相撲鉄道」に変えようかな ;-) → 変更しました。