2008-11-07
くもり時々雨

バルーンさが駅と九州南部乗り潰し写真集

遅くなりましたが、バルーンさが駅と九州南部乗り潰し旅行のデジカメ写真を公開します。いつものことですが、リアルタイムレポートの合間にデジカメ写真を撮っているため、構図がいい加減で出来映えは正直いまいちです。

バルーンさが駅は、バルーンフェスタ自体が集客力のあるイベントで、1時間ちょっとの滞在では物足りないぐらいでした。バルーン競技は朝7時と昼15時から行なわれるようなので、それに合わせて訪問するとよいでしょうね。丸1日居てても楽しめるかと思います。

指宿枕崎線は、なんといっても、なのはなDXの特別車両と快速運転がすばらしかったです。1つの列車で観光客と地元客を同時に運べるわけで、なかなかうまい方法でしょう。今度は指宿の温泉 (特に砂むし温泉) に寄ってみたいところです。ただ、枕崎の駅舎が撤去されていたり、線路保守がいい加減で車両に草が当たりまくりなど、残念な面がありました。快速運転を枕崎まで延長すれば、鹿中央〜枕崎を100分程度で運転できるはずで、なんとか高速バスに対抗できそうです。宿泊地が相当ボロかったのはネタとしては楽しいのですが、愛想がかなり悪かったので、もう1回利用しようとは思えませんでした。

反面、日南線は快速日南マリーン号がヘボすぎでした。通過駅が少なく、スピードも低いため、ほとんど快速の意味がありません。もっと停車駅を絞って、宮崎〜志布志を100分程度で走ってもらいたいたいです。沿線も、だいぶしなびています。特に、串間は観光地が離れていて、駅前が寂れているのはひどかったです。志布志も同様で、潰れた店が多すぎます!! こうなると、地元利用を活性化するのは困難なので、観光路線として使うしかないのですが、その観光地に近くないのが弱点です。このままでは、観光地に直接アプローチできるバスに負けてしまいます。今後、高千穂鉄道のトロッコ車両を導入するらしいですが、そのときは、トロッコ列車から都井岬へのバスにスムーズに連絡するとかの工夫が必要でしょう。

人吉温泉は、いさぶろう・しんぺい号とセットにした観光が人気を呼んでいて、このままうまく存続できそうですね。来年夏の SL 復活で、さらに観光客が増えることでしょう。くま川鉄道を未乗として残したので、再訪したいところです