2013-09-22

岡山車掌区の携帯電話の電源切れ要請がひどい

yuriko(i) による 19:25:00 の投稿
カテゴリー: 2013年09月 半家駅訪問
タグ: ,

マリンライナーでは、車掌がわざわざ優先座席に座っている人に、「ペースメーカー利用者のために携帯電話の電源を切れ」と要請していました。実際に利用者が乗ってくるのかと思いましたが、実際には乗って来なくて、「来る来る詐欺」状態でした。つまり、車内マナー向上のダシとしてペースメーカー装着者が利用されているのです。ペースメーカー利用者は怒っていいと思います。

なお、2013年現在のペースメーカーは携帯電話で誤動作する機種は1機種しかなく、しかもPDCが絶滅したために3cm離せば安全なのです。つまり、「電源を切れ」は不安を増長する害の方が大きいと言えます。

実際、今回対応されたS車掌は、日本のペースメーカー利用者の数をご存知ではありませんでした。そういうお願いをするなら利用者の数くらい知っているべきです。すなわち、JR西日本岡山車掌区は、本当に当事者の側に立ってアナウンスしているとは思えないのです。とはいえ、岡山車掌区のアナウンスは「すべてのお客様に安心して乗って頂く」という目的だと思われるので、それはそれで正しいことです。あくまで手段 (アナウンスの内容) がおかしいだけです。

以前、相撲鉄道もとい相模鉄道でもペースメーカー利用者がダシにされており、それについて意見具申したら「訴えるぞ」と脅される事態がありました。さすがにJR西日本は客を脅迫しませんでしたが、これは後日しっかりと真意を聞きたいものです。

個人的には、本当にペースメーカー利用者を保護するならば、車掌室に便乗させるとか、マリンライナーならグリーン車がガラガラなので無料乗車できるとかの施策の方が有効と考えます。とにかく、現状のやり方は間違っていると思います。

コメント・ピン通知 »

トラックバック・コメントはありません。
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにトラックバックが反映されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る

コメント投稿

※発言の責任を明確にするため「名無し」「通りすがり」「匿名希望」等の匿名は不可とします。捨てハンドルでもいいので必ず名乗ってください。
XHTML (使えるタグ): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> .
※スパム対策プラグインの影響により、すぐにコメント内容が表示されない場合があります。お手数ですが、半日ほど待ってみてください。

上に戻る