2014-02-01

新宮市内で祝杯

yuriko による 18:51:38 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: , , , ,
_DSC3860_DSC3858_DSC3865_DSC3870_DSC3868

宿に荷物を置いて身軽にしてから、八木新宮線「十津川くまの特急バス」完乗の祝杯を上げました。バスの運転士さんに教えて頂いた「勝丸」という海鮮料理店です。太地町や伊勢が近いとあって、鯨や伊勢海老が頂けます。しかし、近年のロブスターを伊勢海老と詐称していた騒動のあおりで本物の伊勢海老が高騰してしまい「用意しているが値段が高いのでおすすめしない」という説明であきらめました。かわりに、枝豆、めかじきの塩焼、飛魚の天ぷら、まぐろ刺身 (たぶんキハダ)、鯨尾の身、なめこ等を注文しました。どれも材料がよいので美味でした。

_DSC3873

店内にはいけすもあり、注文に応じてその場で捌いてもらえるようです。なまこも水槽にくっついていましたが、こちらはさすがに下準備していたものが出てきました。翌朝は5時台の出発なので、酒量はそこそこに抑えておきました。(でも料理の量から見るとそれなりに呑んでるような……)

ついに新宮駅に到着

yuriko による 18:20:10 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: , , ,
_DSC3841_DSC3843_DSC3845_DSC3848
yagi-shingu-complete-certificate

ついに新宮駅に到着しました。これでひとまず任務完了です。運賃表は4ページフルに使って5250円という一般道の路線バスとは思えない表示がされています。運賃部分だけのアップも載せておきましょう。同一バスを全区間乗り通したので「完全乗車証明書」を頂きました。A4サイズでラミネートパッチされたものでした。降車するとすぐに車庫に向かってしまったので、降車時の写真は撮れず……。

_DSC3851_DSC3852_DSC3854_DSC3856

新宮高校前で停車してあと2停留所

yuriko による 18:13:32 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: , , ,
_DSC3839

新宮高校前では乗車客がいました。1日3便なのにうまく短距離で使うものですが、熊野交通のバスも頻繁に通る区間だけに、たまたま奈良交通のバスが来たので乗ったのだと思われます。和歌山県はみかんの産地だけあって、果物屋はみかんしか置いてない「みかん屋」状態だそうです。運賃表が示す残り停留所はわずか2つとなりました。

_DSC3833_DSC3835_DSC3836_DSC3838

ついに新宮市街へ

yuriko による 18:11:46 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ:
_DSC3832

トンネルを抜けるといきなり新宮市街に入りました。ひさびさの信号機、ひさびさのコンビニを拝むことができました。やはり新宮は大きい街ですね。

神丸から新宮高校前までノンストップ

yuriko による 17:47:16 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: , ,
_DSC3827

本宮小学校前からは通過する停留所も増えてきて特急らしい走りとなりました。だんだんと日が落ちてきて、神丸停留所を過ぎると新宮高校前までは25分ほど停留所を通過する堂々たる運転です。新宮高校前までの運賃はついに5000円を越えました。

_DSC3831_DSC3828_DSC3829_DSC3830

あとはひたすら国道168号

yuriko による 17:34:33 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: ,
_DSC3826

国道168号に戻って熊野川と併走しました。あとは新宮までひたすら国道168号を走ります。和歌山県内は比較的改良されていて、1.5車線以上の幅があるので走りやすくなっています。

川湯温泉にも寄る

yuriko による 17:21:53 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: ,
_DSC3820

湯の峰温泉・渡瀬温泉に続いて川湯温泉にも寄ります。県道311号線からの分岐には分かりやすい看板が設置されています。

_DSC3822
_DSC3823

川湯温泉は、源泉が川底にあるという珍しい温泉です。つまり、川を掘って川の水と混ぜれば適温の湯船ができるわけです。節分まで川に張り子が吊されています。今年は遠方から「ふなっしー」も駈け着けていました。また、12月から2月までの冬季は川を堰き止めて作る巨大露天風呂「仙人風呂」もにぎわっていました。ついたてに服をひっかけるという脱衣場の簡便さはのどかですね。

_DSC3825

温泉地帯を抜けると168号へ抜ける青看板が出てきました。

湯の峰温泉は硫黄臭たっぷり

yuriko による 17:12:02 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ:
_DSC3815
_DSC3816
_DSC3817

峠を越えて湯の峰温泉に到着しました。バスのドアが開いたとたんに、これでもかという硫黄臭が漂ってきました。熊野本宮への参拝客が利用したという温泉で、日本最古の温泉とも言われています。本宮から新宮の間は、この八木新宮特急以外の路線もあり、比較的アクセスしやすい温泉地です。今度乗るときはこのあたりの温泉で泊まりたいですね。

本宮道路を逸れて湯の峰温泉へ

yuriko による 17:02:14 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: ,
_DSC3800_DSC3813

このまま新宮まで道路がよいわけがないのが八木新宮バスです。本宮道路を逸れて湯の峰温泉に繋がる峠道に入りました。国道168号線の山中区間に負けないぐらい狭隘な道路ですが、運転士さんが器用に走り抜けていきます。そして、始発の八木からの運賃は4000円を突破しました。

_DSC3806_DSC3805_DSC3803_DSC3804

本宮道路に入って本宮大社

yuriko による 16:58:56 の投稿
カテゴリー: 2014年02月 八木新宮バスに乗車
タグ: , , ,
_DSC3788

土河屋の集落を抜けるとバイパスである本宮道路に入ります。ここから新宮までは比較的改良された区間となります。熊野本宮は伊勢神宮と並ぶぐらい歴史のある神社で、「本宮」と呼ぶだけでここを示します (単に「神宮」と呼ぶ場合は伊勢神宮を示します)。世界遺産に選ばれた地だけあって降車がありました。始発の八木からの運賃は4000円目前の3950円でした。

_DSC3793_DSC3789_DSC3796_DSC3792