2013-09-29
晴れ

お昼は稲庭うどん

20130930_084710.jpeg

お昼は稲庭うどんにしました。佐竹北家に伝わる御狩場焼も良さそうでしたが、さほど空腹ではなかったのであっさりしたもので。

角館には稲庭うどん屋が唸るほどありますが、適当に入ってもいいものが出てきました。讃岐うどんとはかなり異なり、喉越しのよさは共通していますが、腰よりはつるつる感が目立ちます。

次は青柳家

20130930_082557.jpeg

次の見学は青柳家です。見学料が500円もしますが、敷地が広く見応えがあります。解体新書の解体図を描いた小田野直武についても詳しく説明されており、その解体新書そのものも展示されています。

さらに石黒家の分家

20130930_083716.jpeg

さらに、石黒家の向かいにある旧石黒(恵)家を見学します。石黒家の分家で、無料で見学できます。昭和初期に建てられたもので、武家屋敷には当たりませんが、レトロ調な内装が歴史を感じます。

続いて石黒家

20130930_083029.jpeg

続いて石黒家を見学します。角館に残る武家屋敷では一番古いもので、畳にも上がれる物件です。

驚きなのが、家族が実際に住居していることです。このため、見学できるのは屋敷の一部です。

武家屋敷の見学は西宮家から

20130929_204621.jpeg

荷物は駅前観光案内所に預かってもらい、武家屋敷まで軽装で来ました。

見学は駅に一番近い西宮家からとします。無料で見学できますが、その分、見られる範囲は狭いです。むしろ、西宮家の特徴は蔵を利用したレストランや母屋を利用したカフェでしょう。

内陸線で角館へ

20130929_101939.jpeg 20130929_101939_2.jpeg

上桧木内から角館へ向かいます。駅に人が多いと思ったら地元ボランティアによるホーム整備でした。白線が塗り直され、真っ白です。踏んだらいけませんよ。

こうやってマメに手が入っているのはありがたいです。高齢化社会になるとローカル線の必要性は高まっていくはずなので、残していきたいものです。

2013-09-28

本日の夕食

20130929_101615.jpeg 20130929_101615_2.jpeg

本日の夕食はお宿の料理です。秋田なのできりたんぽが出てきました。これだけはいってるとごはん要りませんね。さんまも湯通ししてあるという素晴らしい仕事です。

上桧木内で下車

上桧木内で下車しました。急行停車駅ですが、早く降りても時間が余るので折り返し乗車したのでした。フリーきっぷさまさまです。

折り返し鷹巣ゆき

20130928_165122.jpeg

松葉でしばらく待つと鷹巣ゆきが来ました。角館ゆき急行とは次の停車駅より手前で行き違うので、松葉が折り返し点だったわけです。

なんと鷹巣ゆきは3両編成でした。乗客も多いです。

松葉で折り返し

yuriko(i) による 16:02:42 の投稿
カテゴリー: 2013年09月 半家→桂根きっぷと秋田縦貫鉄道,2013年09月 半家駅訪問
タグ:
20130928_164454.jpeg 20130928_164454_2.jpeg 20130928_164454_3.jpeg

うつらうつらしまして松葉で降りました。目的地は上桧木内なのですが、フリーきっぷなので乗れる限り乗ります。

田沢湖に一番近い駅となっていますが、乗り合いタクシーを使わないと辿り着けません。そして、その連絡先が駅に掲示されてない…。

国鉄時代は終点だったこともあって、それらしき遺構もあります。