2007-10-30
晴れ

東武社員が遺失物ICカードの残高を着服

yuriko による 01:42:54 の投稿
カテゴリー: パスネット存続キャンペーン
タグ: , ,

東武鉄道は、駅係員が客の遺失物である IC カードの残高を着服していたことを発表しました (プレスリリース PDF)。遺失物として預かっていた IC カードの残高を電子マネーとして使ったり、乗車券として使ったりしていたようです。とんでもない行為です。

今回は、残高がほとんど残っていなかったためにすぐに不正が発覚しましたが、わずかな額の着服でも、IC カードは履歴がしっかり残るので、バレますよね〜〜。まさか、当該社員は「磁気カード (パスネット) と違って裏面に記録されないから、使い込んでも分からない」と考えていたのでしょうか……。あまりに頭が悪すぎます!!

東武鉄道では、IC カードを拾得したとき、残高を記録するという対策を取るようですが、思い切って「PASMO 廃止」という対策を取ってもらいたいものです ;-) パスネットならば、残高が逐一記録され、人間の目ですぐ確認できるのですから、着服しようという気にならないでしょう。

まあ、さすがに PASMO の廃止は困難でしょうから、代案として、無記名 PASMO を廃止し、記名式 PASMO のみとすればいいでしょうか。そして、無記名 PASMO の代替として、パスネットを存続すればいいのです ;-)