2007-06-20
晴れ

えきねっとでながら小田原発を事前予約してはダメ

yuriko による 13:58:24 の投稿
カテゴリー: 鉄道ネタ
タグ: , , ,

以前、JR 東日本の指定券券売機でムーンライトながらの指定券を買うとハマったことがありましたが、今回、7月21日0時31分小田原発のながらをえきねっとの事前購入登録したところ、大ハマリしてしまいました。

まず、その事前購入登録の開始日が変です。乗車日は7月21日ですが、列車の始発駅である東京駅は前日20日発ですから、指定券の発売日は6月20日です。したがって、事前購入登録も6月13日0時20分5時30分開始であるはずです。しかし、東京〜大船からの乗車ならば6月20日でも操作できるのに、小田原発では期間外となってしまって受け付けてくれません。日付と区間を入力すると、列車候補が出るはずですが、そのかわりに「受付期間外です」となってしまうのです。乗車駅を大船にしてしまう手もありましたが、とりあえず我慢して朝方5時翌日10時ごろに操作してみると、小田原発でも予約できました。

そして、今日10時が運命の結果確認なのですが、12時になっても「結果待ち」のままです。なんぼなんでもそんなにキューが溜まっているわけではないので、これは明日21日の10時に予約投入されると判断できます。サイバーステーションで見る限り、12時現在ですでに満席ですから、明日10時では取れないことは確実でしょう……。

これまた、えきねっとのヘボヘボさが判明してしまいました。みどりの窓口では、日付が変わる前の駅・後の駅どちらも公平に発売開始になるのに、えきねっとでは後者は1日待たされるのです。はっきり言って設計ミス以外の何者でもありません。

幸い、ムーンライトながらは乗車駅によらず指定席料金は同じですから、東京〜大船の好きな駅を乗車駅にしてしまうという回避手段があります。しかし、大船以東からの指定券を持っている場合、乗車券もその駅から必要という可能性があります。小田急で小田原にアプローチし、18きっぷを小田原から行使して「大船〜豊橋」の指定券を使うのは OK なのかよく分かりません。指定席の一部区間を権利放棄することで乗車券をケチっていいものなのか??

とはいえ、「えきねっとのシステムに欠陥がある」ことが明白ですから、これが改修されるまでは、大船以東発の指定券で小田原から乗車しても JR 東日本はケチをつけられないでしょう;-) とりあえず、JR 東日本に問い合わせてみます……。

実は、保険のため、けさ8時に最寄りの JR みどりの窓口にムーンライトながらの指定席を予約してありますが、こちらが取れていることを祈るばかりです。受付番号は「3番」ということなので、まあ大丈夫だとは思いますが。


[追記] えきねっと問い合わせセンターおよび JR 東日本お客様センターに電話で質問してみました。その結果、以下の回答を頂きました。

  • えきねっとでの夜行列車発売は乗車日の1か月前となっており、0時を過ぎた後の駅の場合、みどりの窓口より1日発売が遅れている。これはシステムの都合であり、修正の予定はない。
  • 指定券の途中駅乗車は可能である。
  • 指定券の券面の区間すべてを乗車券がカバーする必要はない。横浜〜豊橋の指定券で、横浜〜小田原を放棄して小田原から乗車した場合、乗車券は小田原からあれば十分である。

以上より、えきねっとで夜行列車を買う場合、0時を過ぎる前の駅から買っておき、実際の乗車は0時を過ぎた駅 (ながらの場合は小田原、えちごの場合は高崎) からとする技が、ルール的にOKであると言えそうです。青春18きっぷの場合、改札スタンプが「小田原」とか「吹上」となっていれば、指定券の一部区間を放棄したことが明白ですから、「横浜〜豊橋小田原の運賃を払え」と言われることもなさそうです。

こうなると、小田原駅に青春18きっぷの常備券を置いてもらって、みどりの窓口が閉まっても18きっぷが買えるようになればバッチリですね;-) 以前、小田原からムーンライトながらに乗るのに18きっぷを家に忘れたことがあり、さんざん車掌とモメたものの、小田原〜名古屋の普通運賃を払った記憶があります……。トクトクきっぷなので発売時間に制限があるのは仕方ないとは言え、18きっぷは0時をすぎても売って欲しいです;-)

2007-03-01
晴れ

指定券券売機で18購入

yuriko(a) による 14:59:52 の投稿
カテゴリー: 旅行の計画,鉄道ネタ
タグ: , , ,
070301_1431~0001.jpg

JR東日本の指定券券売機で青春18きっぷが買えるようになったので試してみました。
とくとくきっぷのメニューから入るのはいいのですが、なぜか「利用開始日」を聞いてきます。18きっぷは利用当日に係員からスタンプをもらうので、事前の利用日指定は不要なのに〜〜。
さらに、利用人数も聞いてくるのは紛らわし過ぎます。実際は冊数のことなので、1冊を3人で使うつもりで、「3人」と指定したら3冊24000円34500円になってしまいます。

既存システムをできるだけいじらず18きっぷを売ろうとしたのが原因です。相変わらずJR東日本は顧客視点が抜けているのです。だから「束日本」と揶揄されるんやで〜〜。

2007-01-07
雨

鳴子ゆき2分遅れ

yuriko(a) による 17:01:39 の投稿
カテゴリー: 2007年01月 くりでんと東鳴子温泉
タグ: , ,
070107_1654~0001.jpg

鳴子温泉ゆきは2分遅れで発車しました。

新幹線の振り替え輸送は特急料金を徴収するようです。普通乗車券、回数券、定期券の運賃部分を振り替えるらしい。はやて26号を自由席特急券で載せてくれるみたいです。

18きっぷは運賃もかかるとの案内です。規則としては正しいですが、顧客起点の考えとしては「運賃不要」にするべきでしょう。だから「JR束日本」と揶揄されるんやで〜〜。

というか、普通乗車券の場合、特急料金をタダにして欲しいですよね〜。自然災害だから仕方ないけど、特急料金取るのはせこすぎ。

2007-01-06
雨

どハマリ続き

yuriko(a) による 14:49:26 の投稿
カテゴリー: 2007年01月 くりでんと東鳴子温泉
タグ: , ,

バタバタしていて失敗続きです。なんと、えきねっと発券した特急券が日付間違いで1月7日になってました。

発券した直後は気付かず、改札機に入れて跳ねられたので特急券を見ると日付間違い……。あわてて横にあるみどりの窓口で指定変更します。この場合えきねっと割引は無効になります。現金で300円払って1日前(今日)の同じ列車にしました。
ホームに上がると既に入線していて、あわてて乗車した次第。
目の前にあるこまち車両に乗るのはさすがに踏みとどまって、最寄り10号車から乗りました。でも指定席は2号車! 延々210m歩いて座れました……。
これ以上失敗ないよう気をつけたいものです。

日付間違ったわたしも悪いですが、何より、えきねっとのインターフェースが不味いのも一因です。
日付プルダウンメニューは1日〜31日まで並べるんじゃなく、今日の日付から1か月先まで並べるべきです(6日〜31日、1日〜6日)。もしくは、1日〜31日と並べるとしても、デフォルト項目 (seleted=”selected” がついている項目) を今日にするべきです。日航のウェブサイトはそうなってるし (JavaScript で今日の日付を選択させている)。そうすれば、日付間違いが減ります。

まあ、えきねっとはそれ以外にもインターフェースのひどい点がはありまくりです。それでいて300円しか安くならないのはサイテー。エクスプレス予約は特別なクレジットカードを作る必要はありますが、割引率はすごいものがあります。ビューカードでえきねっと使ったら割引額が増えないものか……。

[追記] 日本航空ウェブサイトは JavaScript で今日の日付をデフォルトにしているので、そのように追記。